画像 874

画像 875

画像 878

画像 881

画像 885

画像 895

画像 896

画像 897

画像 903

画像 904

数年前にリュックに寝袋だけを入れて、京都市上京区から琵琶湖一周(ビワイチ)に初挑戦。
普通の自転車だったのと、景色を見ながらのんびり走っていたので、
途中の彦根で一日目の夜が来て、公園で野宿しました。

翌日、5月の肌寒い爽やかな朝、彦根を出発し最北端の曲がり角へ。
電車からは見られないような美しい琵琶湖に出会いました。

のどかな田園地帯を抜けていくのも心が洗われるようでした。
スタート地点の最後の写真の場所に戻ってきたときは一人感激です。

秋の心地よい風の中、ビワイチをしてみてはいかがでしょうか?
きっと何年何十年経っても忘れない良い思い出になることでしょう。



151118 1105

151118 1120

151118 1123

151118 1127

151118 1129

151118 1138

いわゆるベタなことは、一度は体験してみる価値があります。

海外旅行で言えば、ローマやパリが特に有名ですが、
やはり価値があるので、それだけ有名になったのだと思います。

特にローマの美しい街並みには驚かざるを得ません。
街全体が数百年前から変わっていない感じです。

大学の卒業旅行で訪れたときは、
「この古代都市のどこに首都機能が働いているんだろう」と思ったほど。

その街の有名な観光名所も訪れる価値があります。
たまに全く観光名所に興味がなく、
何をするわけでもなくブラブラと過ごす人に出会いますが、
(時間の使い方は自由ですが)個人的にはもったいないことだと思います。

確かに欧米人に「日本人は3日で5カ国回るって本当か?」とからかわれるほど
せわしなく動き回りすぎるのもどうかと思いますが、
限られた時間を最大限に有効活用するのは当然のことです。

「地球の歩き方」などの観光本を書かれている人は、
我々よりも遥かに熟知されていて、
おすすめされている場所が面白いかどうかは会社の生命線になります。

その方々が強くおすすめする場所には、
まず訪れることを検討したほうが良いでしょう。

多くの人が認めている「当たり前」がベタなことです。
ベタなことには普遍的な価値が備わっているのではないでしょうか?

「ベタなことをするのは恥ずかしいこと」ではありません。
「ベタなことすら経験できていないのは恥ずかしいこと」という
見方もできるのではと思い、書かせていただきました。



IMGP4594

IMGP4598

IMGP4599

IMGP4601

bd7e1758

大正時代に来日した広東省出身の高華吉さんは、
京都初の中華料理店「支那料理ハマムラ」の第一号中国人コックとして働いた後、
独立して、飛雲、第一樓、鳳舞という3つのお店を作りました。

高さんの集大成とも言えるのが写真の鳳舞です。
残念ながら今では3店とも閉店し、
こちらの立派な建物も既にありません。

しかし、その味を受け継いだお弟子さんが次々に独立し、
一字もしくは二字、三字を店名に掲げたお店がいくつも作られました。
これらのお店は通称鳳舞系(飛雲系とも)と呼ばれています。

その一つが北大路堀川を北に上がった鳳飛さんです。
特に写真のからし鶏が絶品ですので、ぜひご訪問ください。

名著「京都の中華(姜 尚美)」によると、
高さんは長年日本に住んでいるにもかかわらず、あまり日本語が上手でなかったようで、
良いものは人でも物でも「ハカセ(博士)!」、悪いものは何でも「フリョウ(不良)!」、
と呼ぶようなお茶目な方だったそうです。

高さんのDNAは今も京都の中華の基礎として息づき、
日々たくさんの人を魅了し続けています。
「高さん、ハカセ!」という感謝の言葉をお伝えしたいです。

鳳飛
https://goo.gl/maps/Gyp9Bwh4poCLZcYt9
京都の中華
https://amzn.to/2VBEtkX