IMG_5992

IMG_5993

IMG_5994

アンタナナリボを歩いていると、謎の神殿に出くわしました。
年季の入った大規模なものですが、
およそ大事にされているとは言い難く、
ゴミは散らかっていて、近隣の人たちの公園のようでした。

価値というのは人によって変わるものです。
私は古い日本家屋が大好きで、いつも掘り出し物がないか探していますが、
母親には「ボロ家」と一語で括られます。

和樂という素晴らしい雑誌に当店ショールームが取り上げられたおかげで、
随分と人からの評価は変わった気がして大変感謝しております。

たとえ本質的に美しくて価値のあるものでも、
誰かが認めたことが社会の大きな後押しを経て、
初めて一般的な価値として認知されていくということでしょう。

柳宗悦さんが誰も見向きもしなかった
名もなき朝鮮陶工の茶碗の美しさを見出し、
後の民藝運動に繋がって、人々の中に大きな価値を持ち始めたように。