画像 1524

画像 1526

画像 1528

画像 1530

画像 1531

画像 1532

画像 1539

画像 1548

画像 1549

画像 1559

画像 1569

画像 1579

画像 1586

アルバニアには小国ならではの立ち回りを余儀なくされてきた歴史があります。

ローマ帝国の支配の後、オスマン帝国の支配が続き、
キリスト教からイスラム教への改宗が進みました。

500年間支配者に従った後、1912年に独立を宣言するもドタバタは続き、
イタリアやドイツの占領を経て、ソ連の支援を受けたパルチザンが政権を取り、
自力で復興を試みますが上手くいかず、ソ連の協力を仰ぎます。

共産主義国として歩み出しましたが、ソ連と対立して中国に接近。
中国のプロレタリア文化大革命に刺激され、
無神国家を宣言し、一切の宗教活動を禁止して鎖国状態になりました。

その後、中国が改革開放に向かうと、今度は中国を批判。
幾多の混乱を経て、1991年に鎖国が終わり、市場主義経済の導入を試みました。

しかし、次は何とネズミ講が国全体で流行し、
1997年にネズミ講が破綻すると国民の3分の1が全財産を失い、
アルバニア経済は破綻して政権は転覆。

現在は「ヨーロッパで最も貧しい国」からの脱却を目指して、
EU加盟を目標としています。

と、そんな大変な歴史を経て今に至る国です。
しかしながら、旅行者として訪れてみると、
驚くほど美しい建物が多い場所でした。
手付かずの状態で残っているのでしょう。

また、国民の7割がイスラム教徒であるものの、
皆さん盛大にお酒を飲まれているようでした(笑)。
ビールも、その場所で作って出している地ビールが1杯80円ほど。
とても美味しかったのを覚えています。

画像 1466

強国に挟まれながら、大変な思いをたくさんしてきた彼らですが、
アルバニア人としての誇りを持っていることが、
写真を撮ると国旗の「双頭の鷲」を両手で作ることからも分かります。

恥ずかしながらコソヴォで出会ったこの青年たちが
アルバニア人であったことに後で気付きました。
底抜けに明るいファンキーボーイたちでした。

歴史を見てみると、人間という生き物の特性が見えてきます。
小さく歴史は繰り返しているようです。失敗を経て学びを得ています。
ですが、なるべくなら失敗は小さく、学びは多くしていくことを心がけたいものです。

アルバニアは見所の多い素晴らしい国でした。
小国にもかかわらず、現在まで国を保っているたくましさには学ぶところが多いです。
ぜひ訪れていただき、アルバニア人としゃべって、そのエネルギーに触れてみてください。



IMG_4787

2011年6月、スウェーデンからデンマークにバスで行く途中で、
ちょっとしたミスをしたようで乗り継ぎできなくなりそうでした。

そこで運転手とひと悶着している間に、
唯一声をかけてくれたのが現地に留学している中国人学生でした。

彼の助けもあり、まぁいいかという雰囲気になり、
もういい、乗れということで乗せてもらうことができました。

とても感謝し、その流れで色々と話をしているうちに、
彼が中国共産党の家系だということが分かりました。

初めて中国共産党員と分かった人としゃべった貴重な時間でしたが、
その彼はとてもナイスガイでした。
民主主義のお手本のような国に留学しているため、もちろん視野も広いでしょう。

中国には確かに不平等が存在するかもしれません。
中華人民共和国を建国した中国共産党とその親戚、友達には様々な恩恵があるでしょう。
しかし、そもそも不平等なのが社会というものではないかと思いました。

日本の政治家も二世、三世でないと影響力をうまく発揮できないこともあるでしょう。
もしかすると、皆、役割を演じている、または演じざるを得ないだけで、
中国共産党員には彼らなりの悩みがあるでしょうし、
本質的には全く変わらない同じ人間なんだなぁと思えた瞬間でした。

世界中で出会った中国人は私たち日本人と近い人たちでした。
いつも少し懐かしい味を提供してくれました。

国同士の付き合いにはいつもややこしい問題がありますが、
そんなときはその国の料理に舌鼓を打って、
そうだ、美味しいものが大好きな同じ人間なんだと思い、
ゼロベースで向き合いたいですね。



i8

職人.comが営業活動で大事にしていることを書きたいと思います。

たとえばこちらの素晴らしい鉄瓶。
それなりのお値段がしますが、世の中で必要とされている方が多数いらっしゃいます。
まだ必要と思われていない方に無理に売ろうとしてもなかなか買ってもらえませんし、
もし友達や親族に買ってもらえたとしても継続的な売上にはなりません。

当店では一切売り込みをしません。
必要とされる方の目に触れる機会を提供するのが仕事です。

現在、日本語、英語、簡体字、繁体字、ハングルで販売しており、
オンライン、オフライン問わず、目に触れる機会を今後も増やし続けていきます。

メディアに取り上げていただくというのはどうか、というお声が聴こえてきそうですが、
残念ながら継続的に確実に出続けるのは不可能かと思います。

メディアもお客さんが面白いと思う新鮮なネタを常に探していますので、
何度も何度も同じ会社を取り上げたりはしません。
そのメディアですら何で成り立っているかと言えば広告です。

継続的に確実に、より多くの方々と交わることのできるツール、
これが広告ですので、職人.comはこれからも広告を出し続けます。
良いものを発見できて良かったと、お喜びの声を頂ける限り。