a6

a5

a4

a7

a3

a2

上海からバスでわずか1時間半で行ける水郷古鎮の西塘(シータン)。
2004年に訪れましたが、とても感動したのを覚えています。

現地で偶然出会った日本人の方と回りました。
ご飯も安くて美味しく、人の笑顔も素敵で、本当に癒されました。

同じ中国でも悪いイメージばかりがクローズアップされますが、
それは確かに事実ではあるものの、
一面しか見ていないことにも繋がります。

もちろんそういうところもありますが、
同時に美しい街並みを保存し、
世界三大料理に数えられる中国料理も、
本場中国で食べれば雰囲気も加わりさらに絶品です。

日本に来られる中国の方も、
今では爆買いは控えめになり、
温泉や日本家屋巡り、田舎に行くなど、
体験型に変わってきていると聞いています。

日本人と中国人がお互いの文化に興味を持ち、
メディアや政治を通してその都度評価が上下するのではなく、
ご自身で感じてみることがとても大事だと思います。

隣国だからと言って、
特別に仲良くしなければいけないということはないと思いますが、
どんな美味しいものを食べているのかなどと興味を持っていくことが、
我々にとって新たな発見にもなりますし、また楽しいですし、
結果的に国同士の友好関係、安定に繋がっていくと思っています。

ぜひ上海に行かれる際は、
1時間半で行ける美しい水の都、
西塘(シータン)にも足を運んでみてください。



画像 639

画像 643

画像 654

画像 682

791d5903[1]

これまで巡った散歩道の中で、最も心に残っているのが、
奈良県吉野郡天川村にある天河神社から洞川温泉への山道です。

3時間ぐらいだったかと思いますが、
美しい日本の原風景を体中で感じられ、
本当に心がすがすがしくなりました。

ぜひ訪れてみてください。



IMG_6463

アフリカのバスターミナルは大抵こんな感じの野外にありますが、
カンパラでは上から見られたため、
このような人と人が作り出したものが混じり合う、
巨大な生命体のようなエネルギーのうねりを見ることができました。

こんな中でも、○○行きのバスはどこですかと聞くと、
誰でも親切に教えてくれたり連れて行ってくれます。

泥棒だらけだから気を付けろと忠告してくれたりと、
実に人情味溢れる人たちばかりです。

これまで様々な国を旅してきましたが、
豊かになり物質主義的になるに従い、
人は人との繋がりを軽視し始めるように思います。

関係性を持たなくても生きていけるように感じるからです。
おそらく日本にいてもそう感じることは多いでしょう。

しかし、ひとたびこのような途上国と言われる場所へ行き、
人との繋がりを感じたときに、
一体貧しいのはどちらだろうかと感じることが多々あります。

人は一人では決して生きていけません。
当たり前ですが、人だけでなく、空気や地球、共生する生き物たちがいて、
初めて今日一日を生きていけます。

そんなことを思い出させてくれる豊かな場所に定期的に足を運ぶことで、
いつまでも感謝を持ちながら生きていけるように思います。

まだ行かれたことがない方は、少し勇気を出して、
途上国と言われる場所に一度行ってみてはいかがでしょうか?
大切なことに気付かされる場所になるかもしれません。